2013年06月27日

国際協力NGOの情報誌「シナジー」158号 特集 TICAD V開催企画 アフリカを知るヒント

アフリカ支援を身近に感じていただくために・・・
アフリカは音楽や砂漠、闘争だけの国ではないのです。女性は賢く我慢強く、料理上手で親切(ややオセッカイ)、美しい自然の広がりは人生観を変えるほど・・・多くの魅力が満載している。


 現在多くの支援資金が日本からアフリカに注がれているのは承知の事実である。これらは、積極的な個人支援とは異なり我々国民の税金から出されていることに気が付かない方が以外に多いのではないだろうか?
支援する側としての自覚をあまり感じていないのも同様と思う。今回、当会NPOカラ=西アフリカ農村自立協力会(以後カラと略)の20年における世界最貧国といわれるマリ共和国農村地域での支援事業の経験を紹介する。
 
 所謂「発展途上国の人たちの自立」とうが、この言い方にも問題があり、彼らはそれなりに自立しているのである。日本で自立できない人たちが多くいる現状を考えると、他の国の人に自立を促すことは憚れることのように思う。
カラは1992年にNGO団体として発足し、それより前2年間同国バウグ村での個人ボランティア活動を踏襲したものである。自然環境の悪化が進む中で、昔からの知恵と工夫活かして生活している人たちが、未だ知らないが故に、多くの不幸を招いていることを知恵や技術を学び、自らの努力で将来の健康な生活へとつなげるようになることを支援している。
 所謂「学び・知り自分の生活は自分で切り開く!!」ことである。そうは言ってもその為の知識や得る手段を知らない人にとっては、ムチャクチャナことであるから、我々は村の人々の生活と自主性を大事にしながら、手段・方法を普及するのである。
 生きる為に必要なことは出来る限り支援するが日本から物や技術は持ち込まないで、現地の資材を現地の手法で活用することをカラは貫いてきた。教育・保健・環境保護・女性の意識開発・その他多くの事業(ハード・ソフト面)を同時進行している。

 
数多くの村と関わっているが、一様ではなく個性があり一定の成果を得るまでには、幾度となく困難に突き当たりマリの女性スタッフと頭を悩ましている。
 これまでの事業が現地の行政、治水森林局支所やコミュン、保健省支所、そして日本ではカラ会員や支援団体、その他から評価を得る様になったのは、人々の実生活に直接結びつく事項を事業の中心に実施し、現地の人々の意識に合わせて無理なく取り込んでいる為であると思う。そしてこれは、アフリカ人の心の動きや意識を知るカラのアフリカ人スタッフの功績によるものが大きい。

 
事業を人々にアピールし発展させるには、収入に早く結びつけ、喜びを与えることがいい。そうするとドンドン発展する。顕著な例が野菜を作って食べる野菜栽培と万国共通のおしゃれが出来る適正技術の習得である。
これらから収入を得て女性は金持ちになり、心豊かになって夫にも金を貸し、舅、姑に物を買い与えるようになって家庭内で立場が強くなる。と、しめたもので、裨益成果も大きい。
 今カラの花形事業は、女性が文字を書けなく学歴が無いので助産師研修を受けることが出来なかったが、今は地域で始めての村出身の助産師が誕生し、産院が開設したことである。
これは国の制度が変わったのではなく、助産師研修に参加で出来る力を付けたのである(学歴ではない)。必死の努力の賜物である。
 2000年にゼロだったのが2013年までに助産師が7誕生し7ケ村に産院が開設された。管理は村である。関連して村の主婦5人を保健普及員に育成し常にピンクのユニフォームで村民に保健学習を実施し、かなりの張り切りようである。
 結果、下痢も減り家族計画も普及した。勉強すれば技術を見につけ、仕事にありつけることを知り、女性の識字学習への参加や小学校就学率が高まった。
 女性が働いた原資を元に進行中である貸付資金事業も同様である。女性の将来に明るい兆しが見えてきた。これらの事業の発展が早いのは、女性に本来備わっている、家族や子供、夫を支える、という母性本能の一つの現れではなかろうか?
 カラが今までの20年余りの経験で得たことは、村古来の習慣やしきたり、自然環境の悪化に左右される人々の生活を理解することであり、苦労を聞いて同情するのではなく解決の道を共に考えるのである。
 そして顔はニコニコと親切で聴き分けが良いように見える人でも、金を持って来る人には常にイエスと言い、さもないと貰える物も逃してしまう、という貧困から来るずるさや甘えの部分もあることを知っていることも重要である。

 我々が現地で支援事業を順調に進めるには、我々の側にも多くの問題がある。
過激であるかもしれないが、マラリアに罹患することも、徒歩でなければその場へ行けないことも、彼らの苦しみや苦労を知る手段であり、苦労をすれば何が必要か、どうしたらいいか自ずと知るだろう。
 支援事業の主体は常に村人であり、我々の支援は彼らの命を支え、彼ら同志も互いに支え合うことである。
村の人たちの心に埋もれている才能・能力はアフリカ大陸のように広く深いだろう。それをうまく導き出すのも我々の使命である。
 我々側の資金で事業を進めるのであるが故に、上から目線になりがちであるが、その意識は直ぐに見破られて、嫌われ非難される。厳しい仕事であり自分への戒めが必要であると反省する。
 
 よく「現地へ行って支援したい」という声を聞く。行けないとなると、その人の支援したいという意識がそこで終わりであるように感じる。これは真の支援を考えてのことだろうか? 単に自己満足と憧れではないのか? 
 支援は、現地へ行くことだけではなく何をするかであり、それは、日常生活の延長上にあって日本に留まっての支援がなければ、現地事業は現実化しない。
そのことを多くの方に意識していただきたい。

ピンクユニフォーム.jpg

【新聞・雑誌掲載記事の最新記事】
posted by CARAブログ at 23:24| 新聞・雑誌掲載記事