2013年05月09日

サハラ砂漠で考える (【小児歯科臨床】2013年3月号)

【サハラ砂漠で考える】
 アフリカを旅行した時に目に付いたことは、日本とアフリカの子供たちを取り巻く環境の違いでした。
「貧しい国の子供たちが可哀そう」「哀れ、惨め」と言うことではなく、将来を担う子供たちが、診療所もなく薬も買ってもらえないままに一夜にして命を落としてしまう、学校もなく教える人も場所もない、着るものも食べるものさえ充分に与えてもらえないままに、大人の手助けをして日々すごしている、このままでいいのだろうか? という疑問でした。

 個人ボランティアとして腰を据えた支援を考え、1989年8月31日に開業医を辞して同年9月にマリ共和国に渡りました。
最初のサハラ砂漠が作った美しい造形物ともいえる中での毎日は、容易なことではありませんでした。食料は週一回開かれる市場で買いますが、粗悪品が多く砂嵐の後は口に含むとザラザラしていました。しかしどんな場所でも故郷として人々は生きているのです。
 「水も無いし、病院も無いところから引っ越さないの?」と聞くと「ここは私の故郷だから離れない」と答え、村の看護師と話した時に「この村は結核が多い、食料がないから栄養が取れない、買う金が無いし金を得る手段も無い。病気になったら死を待つだけだ」と言うものでした。
 ある日トアレグ族の若夫婦がラクダに新生児を乗せて訪ねて来ました。胸部に大きな血腫がありそれを取り除いてくれと言うのです。勿論不可能です。この村で私が出来るとすれば、化膿している炎症を切開して抗生物質を塗布するくらいでした。この時ほど必要とされていることが目前に見えるのに何も出来ないでいる自分を痛感しました。
 日本での生活全ての面での無駄な豊かさを改めて思い、言葉や慣習・意識の違う中で「人々の役に立つ支援」「確実に生活の中に溶け込む支援」「彼らの未来を明るくするような支援」について考えました。
あせってはいけない、自分の多くを殺し人々に合わせる、常に誠実で忍耐強く本質を曲げないで進むことが大事であると考えました。
ボランティアの仕事は犠牲を伴うのが当然で、こちらの都合ではなく、現地の人々に合わせることが重要ではないか、と思いました。
 対症療法だけでは人々は救われないのです。私がこれまで学んだこと、知っていること、そして出来ることの範囲を充分に広げて現地の人々が納得するような結果を生み出すことが私に課せられたことではないかと考えました。
 夜の砂漠は月の光に輝き透き通るような美しさです。小高い砂丘が影を落としています。子供たちはバケツの底をたたいてリズムをとって歌い踊ります。それは日本の村祭りの夜のような響きで、冷く澄んだ空気を通して私たちの離れたキャンプまで聞こえてきました。美しい自然の中で生きている子供たちが、美しい生活が出来るように願わずにはいられないのです。

sika1.jpg
村上、村の女教師と続きを読む
【新聞・雑誌掲載記事の最新記事】
posted by CARAブログ at 18:39| 新聞・雑誌掲載記事

世界は今(岩手日報2013年2月24日)

 日本では、マリ共和国はあまり知られた国ではなかった。しかし、昨年3月のクーデター後、連日のように報道され、注目を集めている。
 音楽の世界ではマリは有名で、特にジェンベ(太鼓)奏者は日本にも数人滞在している。現地では結婚式やお祝いのとき歌って踊って祝う習慣がある。
 国土の7割はサハラ砂漠で、最貧国の一つで外国援助が多く投入されている。人口は約1300万人、首都はバマコ市。街の中央をニジェール川が流れ、雨期と乾期で水量が著しく異なる。川は重要な交通路でもある。
 以前から北部(サハラ砂漠)に住む一部の人たちは独立の気運が高く、一時独立運動が活発となり問題となっていた。今回はそれがクーデターに発展し収拾がつかない事態となった。
 世界遺産も多い。古代には「黄金の都市」といわれ、学問や交易が盛んだったトンブクトー。アスキアの墓があるガオ。いずれの街も破壊され、市民も犠牲になっている。
 私が1989年10月から約1年を過ごした砂漠の村は今まさに戦場だ。村には飲料水も食料も十分になく、病気になっても薬もなく医者もいない。
 しかし、美しい砂丘の連なりや砂に輝く月の光と影が見られる夜には、どこまでも響く子どもたちの手拍子と歌声などが聞こえてきた。今は塩を積んだラクダのキャラバンの季節でもある。
 人々の暮らしや経済は降雨量に左右される。雨が降らないと主食のトウジンヒエやトウモロコシ、輸出用綿花の収量が減り、収入も減少する。青年たちは一族の暮らしを背負い出稼ぎに行く。
 学校は義務教育だが、都市部以外は教育の必要性が浸透していない。施設や教師も不足で、授業料を払えない家庭は子どもを就学させることもない。
 都会では水道や電気、エアコンも普及し、電話、ファクス、電子メールも使える。だが、停電がよくある。
 マリは1960年、フランスから独立した。日本の3倍の広さで、複数の部族が住み習慣も言葉も意識も異なる。しかし、部族間の差別は高齢者に多少残るものの、若者はそんな考えはない。
 砂漠地帯で今騒ぎを起こしている人たちは「コーランの教えにはないことをしている」と批判的な目で見られている。
 これまでは多様な部族が仲良く暮らしていた。国民は基本的には穏やかでのんびりした気風の人たちで、決して過激なイスラム教徒ではない。一日も早く穏やかな日々が再び訪れることを祈りたい。

iwateNP.jpg
posted by CARAブログ at 16:01| 新聞・雑誌掲載記事

2013年04月09日

TBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』出演のお知らせ

事務局からのお知らせです!!
カラ代表:村上 一枝が4/13(土)にTBSラジオの番組『久米宏 ラジオなんですけど』(午後1〜3時)の
ゲストコーナー「今週の スポット ライト」(2時〜2時30分)にゲストとして出演します。
久米宏さんと30分間の対談で、カラの活動のことなど色々なお話がでると思います。
ご都合が宜しければ、どうぞお聴き下さい。
posted by CARAブログ at 15:31| 代表村上より

2013年02月01日

『第二回毎日地球未来賞』を受賞いたしました。

ご報告いたします。
私共【カラ=西アフリカ農村自立協力会】は、これまでのマリ共和国における活動に対し『第二回毎日地球未来賞』の栄誉に与りましたのでご報告いたします。毎日新聞紙上(朝刊)にて、2013年1月22日付けで発表されました。
これも、多くの方々の変わらぬご理解とご支援の賜物と感謝いたしており、スタッフ一同心からお礼申し上げます。
なお、この受賞につきまして、明治学院大学教授 勝俣誠先生のご推薦をいただきました。
 現在、マリ共和国は不幸な状況に見舞われておりますが、私たちは今回の受賞を糧にして、今までと変わることなくマリの農村の人たちのために努力を続けてまいります。
 今後とも宜しくお願い申しあげます。

毎日jpの記事はこちら↓
http://mainichi.jp/select/news/20130122k0000e040161000c.html
posted by CARAブログ at 23:54| 代表村上より

2012年12月28日

セネガルへの出張

 先日12月14日から24日までセネガルのダカールへ出張しました。
現在マリは政情不安定のために渡航が難しいため、現地スタッフをダカールへ呼び、カラの活動について打ち合わせをするための出張でした。ダカールへはジャワラとスマイラ、そしてラミンが来ました。
 久しぶりにスタッフと再会し、村の情報を聞き、事業は計画通りに順調に進んでいることを確認しました。しかし問題は、会員の方々のご支援で建設している3カ村の新規産院です。
2ケ村(キバ村とコニナブグー村)では建物の建設が終了し、現在はベットや分娩台、戸棚を製作中です。
しかしママブグー村では、長老の1人が土レンガでの建設に反対し、セメントレンガでの建設を主張しているために、建設が始まっていないと言うことでした。
これはカラとの最初の契約に違反しますので、理解が得られない場合には、他村へ建設することとしました。もう一度スタッフのアワが交渉する予定となっています。
 この3産院で働く助産師3人の育成は12月で終了します。特にコニナブグー村から研修に出ている女性は優秀なため、看護士の勉強もすることになり、1ヶ月研修を延長することになりました。このための費用は村が負担します。
 
 ここでチョット楽しい話を。
 マリから来たスタッフのスマイラは初めて飛行機を経験しました。東京事務局スタッフから事前に「飛行機に乗る時には靴を脱ぎ、機内に入ったら自己紹介をするように」と(ふざけて)伝えてありました。
 ダカールでスマイラにあったら「海にも挨拶した」と笑っていました。なんとスマイラはストライプのスーツを着ていました。一生に一度のチャンスに多分無理をしたのでしょう。
ダカールの街での昼食はマリの2倍以上の値段で驚いていましたが、マリでは食べたことのない海魚のムニエルのホワイトソースに感激、仕事の後には、海や船を見に行って喜んでいました。
2mを超える身長の男性の多い中で、アフリカの民族服装は見かけず、スーツスタイルの人が多く、バマコとのあまりにも違うダカールの発展にも驚いていました。
 帰国時には空港で6時間以上も待つようでしたが、満足のいく感激的な出張だったとのことでした。
アフリカのパリと言われ、国際会議も多く開かれているダカールの発展は目覚しいです。日本とはチョット違った感じの「すし屋」も数件あり、プラスチック製の大きな大仏を飾っているレストランもありました。
バマコの様にバイクや自転車は殆ど見かけなく、乗用車が大半でした。しかし街は道路の破損箇所も多く、その上とても不衛生でした。ジャワラは「バマコの方が田舎だが、やっぱりバマコがいいな・・」と言っていました。
写真は、スマイラが挨拶したダカールの海です。【夕暮れの海岸とモスク(イスラム寺院)】
モスク.JPG
posted by CARAブログ at 18:06| 代表村上より